539 エコおやじの病歴①破傷風

イッテンアカタチ
  多分4歳の晩秋のことだったと思う。二つ年上のガキ大将のミーちゃん(314鳥かごより⑬ミーチャン)の采配で、数人が集まり度々かけっこをしていた。私はいつもビリだったが、その時だけは誰かに勝てそうだったので、セーターを脱いで腕まくりをして思い切り頑張ったら、ゴール直前でつまづいて倒れ左肘を大きく擦りむいた。泥が付いたが出血は少しだったのでそのまま手当もしなかった。その日は何ともなかったが、翌日の夕方には高熱が出た。母に背負われて夜道を近所の診療所へ。肘の傷のカサブタをピンセットでガリガリ剥がされた時の痛さ!。腕を押さえた看護婦さんが『鬼』に見えた記憶は今も残る。医師は「破傷風かも知れないのでペニシリンを打っておくから」と、お尻に太い注射をされた。65年以上前の経験だが、今も忘れていないのである。
スポンサーサイト

538 エコおやじの病歴(序)

アイゴ2
  “エコおやじの履歴書”は11年も書き続けているので、さすがにネタ切れで困り果てている。「もう終了にしたい」と言う私をイラスト係が「ダメ!」と言って許してくれない。アイデアが浮かばず、日記帳や過去のノートを引っ張り出して七転八倒!。締切に追い立てられる流行作家もこんな気分だろうと想像する。そして今回やっと捻り出したのが“病歴”である。健康だけが取り柄で、若い娘から“サイボーグ”などと呼ばれたこともある私だが、やはり71年の歳月を振り返るとイロイロな病気の経験も思い出される。記憶に残る4歳時の破傷風から昨年の腎臓結石まで、年代順(基本的に)に拾い出してみたいと思う。
プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR