FC2ブログ

583 悩まされた仕事①排水管詰まりⒶ松葉

イタチウオ
  当館は高知市の桂浜公園内の一部を借地して建てられている。敷地には樹齢百年を超えるクロマツが十数本あり毎日松葉が降りそそぐ。従業員は毎朝その松葉の清掃から仕事が始まるが、当然のことプールにも。水面の松葉はプールのへりにある排水穴に流される。穴には目皿があり松葉はそこに集まる。若いのが毎朝の掃除を面倒がって目皿を取り除いて捨ててしまった。結果松葉は排水と共に海まで流れ出るようになったが、私の恐れていたことも!。一部の穴はパイプの途中で松葉が引っかかり流れなくなってしまうのである。目皿をつけて毎朝掃除するか、詰まってしまった穴を手押し式やエンジンポンプをセットして吹きぬくか。今も若いのともめ続けているのである。
スポンサーサイト

582 悩まされた仕事(序)

アカマンボウ
  エコおやじのは46年前、飼育員として桂浜水族館に就職したが、その時の館長は「ワシは館長兼小使いで、魚も電気も機械の面倒もみゆう。お前はそのワシの助手じゃきに、何でもやらにゃいかん」と言っておよそ考えられないような仕事(②初日④水道管修理⑥飼育員の仕事)を次々とさせられた。館長の“召使い”と感じることも度々だった。しかし館長の友人の大工の棟梁(268恩人③スエやん)や子分(270恩人浪やん)の弟子としていろいろ学び、おかげで昭和59年の移転新築の頃には設備全般を任されるエコおやじになりつつあったのである。今回はそのエコおやじをおおいに悩ませてくれた仕事を思い返してみたいと思う。
プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR