FC2ブログ

681 コロナウオーキング(4)手作り尺八

あ女山上の笛吹
  行きがけのお墓掃除が4日間で終わって時間が余るようになったので、山頂展望台で笛(手作り尺八)を吹くことにした。竹製の本物の尺八も持っているが、山ではFRP製の古い釣り竿で作った手作り尺八が便利。振り出し式で長さが半分に縮む優れ物。これを早朝の山頂で吹くのは実に気分がいい。演歌や童謡を20~30分ほど吹くのがコースのルーティンになっているのである。
スポンサーサイト



680 コロナウオーキング③石段

2習慣の石段
  筆山の山頂への近道に、約200段の石段がある。3日目からはこちらを登ってみることにした。石段初日は50段目の辺りで息が切れて一休み。100段目と150段で計三回、休みながら登る。次の日からは少しずつ先まで頑張ると決めた。この石段は心肺機能と脚力にかなりの負荷がかかる。初めて一気に登り切ることが出来たのは15日目のこと。その後も何度も途中休憩を入れたくなるのを必死でこらえる日々が続く。2ヶ月が過ぎても毎朝この石段を見上げて「回り道をしようか…」と迷うことも。しかしこの石段を回避すれば“龍馬マラソン”も逃げて行くよう思えて頑張り続けているのである。

679 コロナウオーキング②シューズ

泥と靴の3度目の出会い
  4月30日のお墓掃除は、まだウオーキングのつもりもなかったので、普段履きのツッカケで墓地の斜面を登ったが、5月1日のスタートには、30年ほど前に買ってほとんど使ったことのなかったスニーカーを引っ張り出した。しかしこれがよく滑る。急斜面が多い墓地の道。雨上がりで濡れてる時はかなり危険。二回ほどズルリを経験し「危ないなあ」と思っていたら、四日目には遂にひっくり返って尻と右手を強打。手のひらには切り傷も。それで靴を買いに行こうと思いながら下駄箱を覗くと、長男が中学生時代に短期間使用したバスケットシューズが。試してみると私の足にもピッタリ。当分はこのバッシューと共に歩くことにしたのである。

678 コロナウオーキング①スタート

パパは決意がみなぎった
  5月1日からは、20分間ほどお墓の草引きをしてから筆山山頂までのウオーキングを始めた。墓地の入り組んだ細道を上へ上へ。標高116mの山頂までは20分足らずだったので、1km余りだと思うがアップダウンがあるのでインターバルトレーニングをやっている感じ。これを毎日続けて距離を少しずつ伸ばし「2月の“龍馬マラソン”に必ず出場するぞ」と山頂の展望台で決意を新たにしたのである。

677 コロナウオーキング 序 2

悪態かと思いきやのろけだった
  「朝早く目が覚めるのなら散歩にでも行ったら?。そうだお彼岸にお墓の掃除が出来なかったので暇なら…」と言われて「バーカ」と言ってみたものの、次の日早朝に目覚めたので「えい」と起き上がり、200mほど離れた墓地へ。そこで30分ほど草引き。しかし半分も出来ずに疲れたので「よし、明日も来るぞ」と決意。帰って思いつくまま冗談のつもりで「これから毎日山歩きをしてマラソンに挑戦するぞ」と言うと「バーカ」と思い切り見下げられたので、ついつい「あと10ヶ月あるからトレーニングして来年の“龍馬マラソン”に挑戦だ」と言ってしまった。するとあきれ顔で「バーカ」。その表情を見てあとに引けなくなって「よーし」と心の中で決心したのが4月30日だったのである。  

676 コロナウオーキング 序 1

パパと奥方
  ネタ切れで困り果て、今回は最近初めたウオーキングについて書いてみることにした。この度のコロナ騒動で桂浜水族館も休館せざるをえなくなり、当然のことながら私も休業。数年前から引退を考えていたこともあり、あこがれていた“毎日が日曜日”が突然実現したのである。ところがこれが思惑違い。自粛ムードもあって、自宅で毎日女房と向き合ってテレビを見るだけの日々が一週間続くと、退屈で困るようになってきた。その上、四月までの介護通勤(646~655母親介護)中の早寝早起きの癖が顔を出し、夜更かし好きの女房が「早朝からゴソゴソするな」と怒り出し、我が家に険悪なムードが漂い始めたのである。
プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR