169 大敷網漁④カモメ?

晩秋に大敷の船に乗ると「今日はカモメや、
カモメがエライ(強いの意味。“多い”場合に使われることもある)」との声をよく聞いた。
漁港にカモメはつきものだが、
どこにも姿は見えない(室戸でカモメが見られるのは3月から6月頃)。
169.jpg
よくよく聞いてみると“カモメ”ではなく“カモゲ”だった。
上(カミ)から吹く風(北風)のこと。
地形上、室戸は風の強い所である。
特に11・12月はカモゲの強い日が多い。
だから室戸の漁師はカモゲには慣れっこのようである。
漁場に向ふ船はカモゲの大波にあおられて、船首が大きく空中へ飛び出し、
次の瞬間、思い切り波頭に打ちつけられる。
その衝撃の直前には足の裏がゾク!
そしてバシャーンと波しぶき!。
網持ちの途中でも、隣の船が、頭の上に見えたり、海中に沈んだように見えたり!。
それでも「カモゲがこわくて室戸の漁師はやっとられん」。私は船酔いでゲロゲロ!。


桂浜水族館公式ホームページ掲載 2010年07月17日(土)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR