336 桂浜への道⑧奇跡の裏側

s-SKMBT_C20313122807510.jpg

 高知大学を目標に決めたのは、高1の時だが、2年になってから作戦を立てた。合格ラインが最も低いのは農学部林学科。5科目各100点で、半分の250点取れば可能性があるとのこと。得意の生物で90点、世界史は80点近くいけるかも。数学は4問中1問に必ず図形の問題が出るので、これを解いて25点。英語は中2レベルで止まっているので、もう間に合わないから無視することにして、国語が50点以上取れれば、もしかして合格もあり得る。この計画で生物・世界史・図形の問題に集中することにしたのである。そしてもう1つの決定的な要素が、学科の新設だった。受験票を取ると「来期から栽培漁業学科が新設されます」とのこと。今のようにインターネットもない時代。新設は受験票を取った人以外はほとんど知らないだろうから、その学科の倍率はかなり低いと見込んで、栽培漁業学科を選んだ。これがDNAによって示された私の道だったようだ。誰にも言わなかったが、私は受験直後に80%以上の合格を確信していた。“奇跡”は昭和40年に栽培漁業学科が新設(私と“桂浜”のために)されたことだったのである。
スポンサーサイト
プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR