427 台風と私④第二室戸

ハガツオ2
  昭和36年9月。“室戸台風”をしのぐほどの強力な台風が、よく似たコースをたどっているとの事で、鳴門市はどこも厳戒態勢だったが、我が家は例によって時化囲いもせずにノンビリ構えていた。本体が近づくと、風はそれまでに経験したことがない強さで、波シブキはお地蔵さんの上に見事にはねあがった。昼前に台風の中心が通ったらしく、風がぴったり止んだ。そして次の瞬間足が震えた。目の前の堤防の上を海水が゜20~30cmほど乗り越えて、流れ込んできたのである。30秒ほどの間、滝のように塩田に流れ込むのを3回くりかえした。父は「山へ逃げるぞ」と指示したが、なんとかそのままおさまった。この台風で我が家は無事だったが、鳴門市高島の中心集落は、吹き返しの風に堤防が各所で決壊し、壊滅的被害をうけた。後にこの台風は“第二室戸台風”と名づけられたのである。
スポンサーサイト
プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR