471 エコおやじ切腹?⑧死に神

タコクラゲ
  そんな私の頭のへ、こっそりと死に神が忍び込んできた。私はこれまでの人生にほぼ満足している。この先の人生に楽しみがあるとしたら、可愛い女の子の孫を抱っこナメナメ(315鳥カゴより⑭ロリロリウオッチ)したいだけなのだが、頼みの息子達には結婚の気配も見えない。もし車椅子生活になってしまったりしたら、もう生きていたくない。女房に邪魔者扱いされながらの生活は、私には耐えられない。ここは8階だから窓から飛び降りれば済むことだ。片足は動くので窓は越せる。窓が開くことは昨夜風を入れて確認している(後でわかったのだが、8階なので安全のために10cmほどしか開かない)。夜明けまでに回復の気配がなければ決行するつもりで、簡単な遺書も書いた。死に神との対話は2時間余り続いたが、ふと気づくと右足の指が3本動いた。午前3時過ぎには足首に力が入るようになってきた。これなら松葉杖で歩けるかもしれない。4時には右足の外側に感覚が現れた。その頃には死に神は黙って姿を消した。7時になると膝まで動かせるようになってきたのである。    つづく
スポンサーサイト
プロフィール

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR