fc2ブログ

505 (続)桂浜百景⑤冬

冬子
  桂浜の冬は寂しい。12月には北風が、1月になると西風が吹き抜けることが多くなる。しかし桂浜は陽だまりの浜。風はほとんど当たらない。水族館前のエントランスのポッドに植えられたハイビスカスは、寒気に立ち枯れているが、その周りのパンジーは「もうすぐ春だよ」と咲き誇る。冬場の寂しい桂浜が唯一賑わうのが元旦の“初日の出”である。最近はだいぶ少なくなってきてはいるが、それでも周辺の道路は、日の出(7時12分)から一時間以上、大渋滞が続くのである。30年ほど前のことだが、この“初日の出客”が水族館に入ってくれたら?と考えて、早朝開館を試みたことがあったが、完全な空振だった。
スポンサーサイト



504 (続)桂浜百景④秋

秋子
  桂浜の秋は短い(私の解釈では秋は10月半ばから11月)。“春は海・秋は山”というのが観光の定番なので、桂浜も当然人出は少なくなる。桂浜は山に囲まれているが、海辺の特徴どうり松の木や潮風に強い常緑樹が多く、紅葉する木としてはハゼがポツポツとしか見えない。観光客を呼びたいお役所は“龍馬祭り(命日の11月15日前後の日曜日)”で盛り上げようとするるが、水族館にはあまりメリットが無い。切符売り場の正面、80キロ先の室戸岬を眺めながら、数少ない観光客に対応するのだが、昭和の終わる頃からは、中国大陸からの汚れた空気が流れ込むことが多くなり、岬の先端まできれいに見える日は、ほとんどなくなってしまっているのである。

503 (続)桂浜百景③夏

夏子
  6月の梅雨入りから10月中旬までが、私にとっての“夏”である。梅雨明けの強い日差しが砂浜を焼き、かげろうが立ち昇る。私が好きなのはその先に広がる太平洋。水平線がくっきりした静かな海もいいが、やはり夏の海は台風のうねりの来る海が楽しい。桂浜のシンボルである竜王岬に打ちかける大波は見飽きることがない。先端の海津見神社(海抜13m)の、はるか上まで波しぶきが上がり、観光客が逃げ惑う姿を見たこともある。「財布入りのバックが流された」「弟が波にさらわれた」などの駆け込みもあった。しかし夏場は水族館のかき入れ時。特に夏休み期間の一ヶ月余りで、年間の三割以上を稼がねばならない。のんびり海を眺めている暇はないのが実情なのである。

502 (続)桂浜百景②春

春子
  桂浜の春は長い。2月になると“光の春”、冷たい風が吹く時季だが、桂浜は東に開けた浜なので、雪おろしの北風も強い西風もほとんど当たらない。目の前の太平洋は陽の光に煌めく。その光に誘われて桂浜は観光シーズンを迎える。春本番は3・4月。最近は少なくなったが、昭和の後半の頃は遠足の小学生や幼稚園児が駆け回っていた。白装束のお遍路さんはチリチリ鈴を鳴らしながらの素通りだが、家族連れやグループが砂浜で弁当を広げている姿が見られた。5月になると土佐の太陽は真夏のエネルギーで照りつけるが、私の解釈では梅雨に入るまでが“春”の範ちゅうなのである。
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR