fc2ブログ

510 (続)桂浜百景⑩桂浜の花

花子
  桂浜の中央にある水族館のエントランスには大き目のプランターがあり、季節の花が植えられているが、水族館の係員が片手間に世話をしているので、手のかからない草花に限定されている。冬から春には定番のパンジー、夏場はサルビアやマツバボタンでなんとか色付けをしている。しかし桂浜自体となると植生は乏しい。龍馬像の下にハマユウの群落が少し、数年前にはその下部にハマヒルガオと薄紫色のハマゴウが根を広げ始めていたが、台風で根こそぎ流されてしまった。浜は殺風景だが山際には、秋になるとツワブキが黄色い花をつけ、その上部の崖にはノジギクの白い花が咲き誇る場所もある。
スポンサーサイト



509 (続)桂浜百景⑨桂浜の釣り

釣子
  最近ではほとんど見かけなくなったが、昭和の頃桂浜はキス釣りの本場だった。5月から10月頃まで、浜で投げ釣りをする人が絶えなかったのである。多い時には20~30本の竿が並ぶこともあった。私はウニ採集のために浜で泳いでいて、波打ち際に大群を見つけ、慌てて餌と竿を用意して、30㎝近い大物を50尾ほど釣り上げたこともあった。そんなキスの姿が見えなくなってもう20年以上になる。しかしこのところ毎年のように、6月頃になると竿を出しているお年寄りを見かける。大昔に大漁をした覚えのある人が、夢を追っていると思うのだが、クーラーボックスを覗くと、小型のキスが2~3尾しか入っていないのである。

508 (続)桂浜百景⑧凧あげ

凧子
 桂浜では、お正月などに凧あげをする風景を見かけることがある。しかし地形の関係で、桂浜は風が安定しない所なのである。冬場の西風は竜王岬に当たって回り込み、複雑な動きをするようだ。切符売り場から見ていると、子供は砂浜を必死で走って、少しは揚がるのだが、大抵はクルクル回ってストンと落ちる。しかし、なかには風を読むことが出来る人もいるようだ。桂浜の東の端から洋凧のゲイラカイトを高く揚げて子供と遊んでいた。この人は4年ほど毎年お正月明けに現れて、家族連れで凧揚げを楽しんでいたのである。

507 (続)桂浜百景⑦太平洋

洋子
  大波の太平洋は素晴らしいが、静かな海もまた魅力的である。正面80キロ先の室戸岬の右側に伸びる水平線。太平洋は空の蒼を映して広がる。大雨の後などは、西側の仁淀川と東の浦戸湾から吐き出された河川水で白濁するが、太平洋はすぐにもそれを飲み込んで、翌日には青さを取り戻す。雲が飛ぶ秋空には、その影を映してまだら模様の青い海が面白いし、梅雨時の鉛色の雲がそっくり映り込んだ黒い海も趣がある。太平洋は眺めているだけで癒されるのである。

506 (続)桂浜百景⑥桂浜の波

 波子
 母校、高知大学南溟寮の寮歌に“この浜(桂浜)寄せる大波は、カリフォルニアの岸を打つ…”との一節がある。学生時代には、桂浜が南東に開けた浜だと思っていたので、その正面になるのは、南米のチリかせいぜいパナマあたりだと思っていた。しかしある時、切符売り場で世界地図を広げたことがあり、桂浜の正面が室戸岬で、その先を延長していくと本当にカリフォルニアあたりにたどり着くことを確認したことがあった。実際の波が、カリフォルニアに到達するわけがないことはわかってはいるが、台風の大波が打ち寄せるのを見る度に、大声で歌った学生時代を思い出すのである。
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR