536 漁港巡り⑯苦汁(くじゅう)湾

マヒトデ
  私の生まれた鳴門市鳴門町高島は、塩田の町だった。父は鳴塩(鳴門塩業合同組合)の事務員、二人の叔父も勤めていた。その製塩工場の荷役の船が出入りしていたのが苦汁湾である。小学生の頃、叔父に連れられて何度もグジュウ湾へ釣りにいった。ベラやカサゴがよく釣れたが、大きなマヒトデを釣り上げた60年以上前の記憶がはっきりと残っている。クジュウがニガリの意味だとわかったのは、中学生になってからだった。“鳴塩”は移転し現在の苦汁湾には数台のプレジャーボートが係留されているだけだが、私は年に一度の採集で鳴門に帰った時は、必ずここも覗く。やはりナマコやマヒトデが、ポツリポツリと見られるのである。
スポンサーサイト
プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR