fc2ブログ

595 悩まされた仕事④排水口Ⓑ堀内パイプ

センニンフグ
  昭和59年の移転新築で、排水管は40cmの塩ビパイプになったので、もう波に壊されることはあるまいと思っていたら、砂の移動によって排水口が埋められてしまうことが多くなってきた。1m以上埋まると自噴出来なくなり、掘り出してやらなければならなくなる。桂浜の砂は比較的目が粗く排水口が埋まってもしばらくは浸透してゆくが10日ほどで目詰まりになり、プールの排水が出来なくなる。砂浜の排水口を掘り出すのは非常に手間がかかる。砂は掘っても掘っても次々と崩れてくる。深さ1mまで掘るには直径3mぐらいで掘り進めねばならない。そこで考案されたのが“堀内(釣り勝負を繰り返した相棒だった男の名前)パイプ”である。直径10㎝で長さ1mほどの塩ビ管。これを排水口の真上と見当をつけた場所に突き立て、パイプの中だけを掘り進める。うまく排水口近くまで行くと排水圧で吹き上がって来るのである。
スポンサーサイト



プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR