fc2ブログ

610 悩まされた仕事⑦電気設備Ⓐ電気屋代行

ヘダイ
  旧館時代、電気設備は当時の館長が一手に握っていた(110感電②館長)が、昭和59年の移転新築以後は私の仕事になった。新築当時には電気トラブルはほとんどなかったが、そのうち増築や改装などで私は電気屋さんの助手として天井裏を這いまわり、ブロックを掘り返して配線を埋め込む手伝いを随分繰り返した。その電気屋さんに色々と教えてもらったものだったが、20年余り前に体調を崩してそのまま廃業してしまった。新しく電気屋さんを探してみだが、どの人もこちらの思惑どうりの仕事をしてくれない。仕方なく電気設備のほとんどを電気については全くの素人である私が、面倒を見続けているのが現状なのである。
スポンサーサイト



609 悩まされた仕事⑥渇水警報Ⓓ復活

フウライウオ
  警報盤はギブアップ、とても私の手には負えないので知り合いの業者に何人か声をかけてみたが「警報盤はどうも」と断られた。館長がやっとなんとか「見てみましょう」と言う人を連れてきてくれたが、予想どうり「図面を…」と言われた。30年余りも前の盤だし私も見たことがない。「調べて図面を引いてみましょう」と言って、やり始めたのはリレーを引き抜いては差し替えるテストばかり「それは私のやってみた…」と言いたかったが飲み込んだ。数回通って調べに来てリレーを引き抜いていたが、さすがは専門家。「やっと怪しいと思える所が見えてきた」と言いつつリレーのテストを繰り返したのち、やっとのことで警報盤は復活したのである。

608 悩まされた仕事⑥渇水警報Ⓒブレーカー

 ヒブダイ2
 ところが次のシーズンの中頃、またしてもブザーがおかしくなってきた。今度は「早押ししても長押ししても止まってくれない。早く来て」と夜半に呼ばれた。ブーブーとうるさい中、やみくもにリレーの抜き差しを試してもダメ!。何しろ私は“魚屋”であって、お魚については少しは勉強したつもりだが、電気については全くの素人。まして警報盤なんてわかるわけがない。それでも私が何とかしなければならない立場にいるのである。たどり着いたのが警報電源「これを切れば全て止まる」と思ったが甘かった。この警報盤は停電警報と連動しているので、ブザーを鳴らすためのバッテリーに繋がっているので、ブーブーは止まってくれない。色々なめまわし、バッテリーに繋がっているそれらしいブレーカーを落としてなんとかブザー停止にたどり着くまで、真夜中に二時間余り!。疲れ果ててしまったのである。   続く

607 悩まされた仕事⑥渇水警報Ⓑリレー

ハオコゼ
  それから数年後、またしても真夜中に「ブザーが止まらない」との呼び出し電話。今度は「地下室のブザーを押してもダメ」とのこと。前回とは違って、地下室・作業場・入り口のいずれを押してもダメ!。やけくそでボタンをガタガタと早押しすると止まってくれた。これは接点ではないと解釈したが、その先の知識はない。多分沢山並んだリレーのどれかが不良なのだろうと想像して、わからないなりにリレーを引き抜いては差し替えてテストを繰り返し、少し焦げ目のついた怪しいと思えるリレーを見つけた。それを新品に取り替えるとブザーは正常に動くようになってくれたのである。   続く

606 悩まされた仕事⑥渇水警報機Ⓐ停止ボタン

ノミノクチ
  取水井戸の渇水警報のブザーが、異常な動きをするようになってきたのは10年ほど前のこと。この警報機は館内のどこにいてもわかるように、宿直室・作業場・切符売り場・地下室の四ケ所に設置されており、各所にある停止ボタンでブザー音だけは止まるようになっている。最初は宿直室から「ボタンを押しても音が止まらない」と呼び出されて、私が試しに地下室のボタンを押すと一発で止まった。宿直室では毎シーズンボタン操作を繰り返しているので、接点不良が起こっていたらしく、私が分解してヤスリで磨いて給油してやると、症状はなくなったのである。   続く
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR