FC2ブログ

688 コロナウオーキング⑪イノシシ

恐怖と想像の格差
  皿が峰の下りルートの薄暗い竹やぶの中に、竹や雑木の落ち葉がつもり、それがハイカーに踏み砕かれ雨に流されて、隅っこに盛り上がった所が何箇所もある。雨の明けにそのあたりを掘り返した跡があちこちに。これは間違いなくイノシシの仕業。このような堀跡は送電鉄塔の道の脇にも沢山見られる。まだ姿を見かけてはいないが、この山にはかなりの数がいると想像する。出会いたくない気持ちと、一度くらいは姿を見てみたい気持ちが半々ぐらいかな。
スポンサーサイト



プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR