fc2ブログ

128 (再)標本作り④シノノメサカタザメ

シノノメサカタザメ
  名前はサメだがエイの仲間、大型で形が変わっていて性格もおとなしいので、水族館向きの魚である。ごくたまに漁協などから連絡があり引き取りに行くが、なかなか餌付かない。確か3個体目(昭和55年秋)に、生きたガザミで餌付けに成功した。しかし開放式水族館の宿命である水温の低下には耐えられなかった。死体は大きすぎて、標本には無理がある。海洋投棄することになったが、その前に歯だけを切り出しておいた。敷石のような歯がズラリと並び、それ全体が波打つような形をしたおもしろい歯であった。まわりの肉をできるだけそぎ落としホルマリンに漬け、そのあと屋根裏に放置しておいた。いつの日か、日の目を見ることがあろうなどと考えていたわけではないが”もったいないおやじ”の私は、捨てるのは大嫌い!。それから20年余り過ぎてから、この歯が標本として、役に立つことになるのである。

  天井裏に長年放置されていたにもかかわらず、きれいなな歯の標本として残っていた。ホルマリン処理が良かったようである。
スポンサーサイト



プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR