fc2ブログ

223 (再)井戸のお話⑤No.5井戸(アカメ井戸)

222_2023101912275502e.jpg
  水族館の真正面の遊歩道前に掘られた井戸で、他の井戸は130cmなのに対して、この井戸だけは80cmの側(枠)を使っている。理由は井戸屋さんが「大きい井戸は疲れるからこれで我慢して」と云ったからである。この場所を選んだのは、水温が安定していることが以前のボーリング調査でわかっていた(105 アカメ井戸)からである。夏は26℃冬場は17℃と、他の井戸より上下2℃ほど変動が少ない。当館の看板でもあるアカメは水温が15℃まで下ると命が危ないので、冬場はボイラーで温める必要があった。しかしこの井戸のおかげで、それが不用になったのである。塩分濃度が、雨の度に薄くなる欠陥があるのだが、アカメは汽水を好むのでピッタリの水であった。しかもその排水は、チタンパイプで亀水槽に取り込んで暖房に使用したり、サンゴ水槽の冷却にも活用されている。現在はこの水を館内冷房に利用出来ないか知恵を絞っているところである。

  イラストのタガヤサンミナシはイモガイの仲間なので、恐ろしい毒矢を持っています。
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR