fc2ブログ

227 (再)井戸のお話⑧パニック

226_20231019122750b1c.jpg
  平成3年10月9日にNo.3井戸のポンプが止った。症状は漏電なので、メカニカルシールからの海水の浸入により、ポンプは完全に死亡したと考えてポンプ屋さんを呼ぶ。井戸のフタを開けてビックリ!!。そこには一滴の水もなく、井戸の半分まで砂に埋めつくされていた。私はパニック状態「これは何?!」。ポンプ屋さんも「昨日まで働いていたの?信じられない」。その10日ほど前に台風が通過し、井戸の上まで波が打ちかけたが、館内の水槽にはニゴリが少し出ただけだった。あわてて井戸屋さんに来てもらう。この井戸は何度も修理(220③No.3井戸)したあとがあり、その時の横穴から大量の砂が流れ込んだようである。井戸屋さんも「この状態で水を吸っていたなんて、信じられないね。この浜の砂粒が粗いおかげかな」と云いつつ、2日ほどかけて埋もれた井戸を掘りなおしてくれたのである。

  この時の衝撃で枠に亀裂が入ったのかもしれないと思うようになったのである。
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR