fc2ブログ

230 (再)井戸のお話⑨井戸掃除(続き)

229_202310191227412a9.jpg
  小砂を効率良く掃除する方法がないか考えた末“水中掃除器”を考案した。直径30cm・長さ40cmほどの塩ビパイプをタンクにして、それをエンジンポンプにつなぎ、水と共に吸い揚げた小砂だけが、タンクに残るように細工した。この方法だと、グリ石ごと引き揚げなくてもよいので大成功!しかし重大な欠点があることもわかった。桂浜の井戸は水面から蓋まで6mほどあり、エンジンポンプの吸いあげ揚程ギリギリなのである。干潮時には、吸い揚げ不能になってしまうこともある。だからこの“水中掃除器”は、井戸の水位が高い満潮時にしか使えない。そうすると井戸の中では、潜って息をつめての作業になる。しかしそれでもこの方法だと、ニゴリも出ないし短時間で終えることが出来るようになったのである。

  水深2m以上の所での作業になるが、ニゴリが出ないのが最大の利点である。
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR