fc2ブログ

232 (再)井戸のお話⑪井戸掘り

231_20231019122743ee9.jpg
  順が逆になってしまったが、井戸掘りのお話も。先々代の館長に聞いたりして、知識としてはわかっているつもりだったが、実際は随分違っていた。それは当館の井戸が“砂浜”に掘られた“海水井戸”だからであった。普通の井戸なら、水脈を探して土砂を掘り進むが、海水井戸の場合は水脈の心配はいらない。しかし崩れやすい砂を掘るので、次々とまわりから崩れてくるアリ地獄状態の中を掘り進めねばならない。掘っても掘っても崩れてくる砂と戦いながら、5cm・10cmのペースで井戸側(枠)を沈めてゆく。せまい井戸側の中でバケツに砂を入れ、上の係が電動ウインチで巻き揚げる。3日余りで6個の井戸側をつないでいったあたり(6m余り)で海水面に到達し、水中の作業になる。ここからが難関なのである。(続く)

  私なら気が狂いそうな“蟻地獄状態”の作業を井戸屋さんはもくもくとこなしてゆく。
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR