fc2ブログ

233 (再)井戸のお話⑪井戸掘り(続き)

232_2023101912274434a.jpg
  海水面に至ってからは、側(枠)を沈めるペースがガクンとおちる。ゆがみの調整も加わって1m(側1個分)沈めるのに2日以上。深くなると空気ボンベを背負っての潜水作業になるので、主として干潮時を待つのでなかなか進まない。私は深さが気になり「あとどれぐらい掘れそうですか」と度々声をかけながら作業を見守っていた。9個目の側を用意して「この側が収まったら上等の井戸になるよ」と言いながら。ボンベを背負って井戸に入った親方が「あかん!高谷君、岩に当った」と叫んだ。なんとかあと50cmほど掘って欲しいとたのみ込んだが、「ドロドロの中へ潜って砂をかき出すことは出来るけど、大きな岩盤は動かせない」とのことで結局No.1・2井戸は側8個(8m)までしか掘れなかった。ふだんは大丈夫だが、冬場の大潮時には干あがり(53潮番)を覚悟しなければならなくなったのである。

  8mは昭和4年制の井戸と同じ深さなので、冬場の大潮時の渇水は避けられない。
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR