fc2ブログ

234 (再)井戸のお話⑫井戸の場所

233_202310191227477f6.jpg
  桂浜にある5本の井戸は“景観に配慮”との高知市からの要請で、20cmほど砂に埋めるように設計されている。けれども砂の移動(減少)によってNo.1と2は砂浜から顔を出してしまっている。しかし他の3本の場所を見つけるのは大変である。2m四方のコンクリートの上に、直径1.5mの蓋があるかなり大きな物だが、砂の中だとなかなか見つからない。細い鉄棒を砂に差し込みながら探って歩く。コンクリートに当ればカチン、蓋に当ればボンと音がしてホッとする。そこで私は遊歩道上にステンレスのビスを打ち込み、このビスから何m(何歩)と、図面に残してある。今春までは若いのに教えて引きついでもらうようにしていたのだが、急な退社で困惑している。もしも私がポックリ急死でもしたら、どうなることやら。

  特にNo.4井戸は、基点となる歩道から離れているので場慣れしている私でも、見つけるのに時間がかかることもある。

スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR