FC2ブログ

174 大敷網漁⑨大漁

桂浜水族館公式ホームページ更新日: 2010年08月21日(土)

イオオイの私にも、たった1度だけだがブリの大漁に出合った経験がある。

その日(昭和50年3月14日)は静かな夜明けで、
ミズナギドリが多く飛んでいたと日記に書いてある。

174.jpg


薄明かりの中で網持ちにかかると、すぐに船方達の動きがおかしくなった。
隣の船から「まいゆうぞーーーっ」の声。
私には何のことやらわからない。

ブリは一般の魚とちがって網をこわがらない。
網にそって泳ぎまわり出口をさがす習慣があるらしい。
大量入網した時は、網を引きしめていないと群全体で網をのり越えて逃げてしまうこともあるとか。

みんな目の色がちがう。
その日の漁は3隻の船槽いっぱい。
1尾10㎏ほどで1600尾余り。
市場はごったがえした。

私は「おかずに小さいのを1尾欲しい」と組合長に伝えると
「ちょっと待っとれ」と云われた。
しばらくして「桂浜はこれにしろ」と10K余りの立派なブリを待って来た。
「そんな大きいのは高すぎて・・・」と云うと、クルッと腹を見せた。
漁の途中で手カギがかかったような引っかきキズがある。
「このキズがあるから半値でいいよ」。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



非公開コメント

10㎏余りの傷ついたブリを半値でゲットしたエコお兄さん!。

薄明かりの中、「まいゆうぞーーーっ」の船方達の声。大漁の喜びが伝わってきます。それを知らせるように多くのミズナギドリが飛んでいる。  
みんなの目の色が違う。→ブリは、それほど漁師さん達に喜ばれる魚!。高級魚!。 1尾10㎏ほどで1600尾余り。 市場はごったがえした。 壮観!。 そんな大漁の時に出合って良 
かったですね。組合長はじめ皆のニコニコ顔・喜びの様子に。 「傷があるから半値でいいよ。」と組合長さん。10㎏余りの立派なブリ。小さいのを1尾と思っていたのにラッキー!。味は格別だったことでしょう!。
プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR