fc2ブログ

202 桂浜百景②五色石

桂浜のおみやげに“五色石”と云ふのがある。
白赤緑のおはじきぐらいの大きさの石を袋に入れただけのものである。

初代館長の永國亀齢氏は、桂浜の砂利に赤や緑の石がたくさん交っていることに気付き、
これをおみやげにすることを思いついた。

そしてそれは昭和35年頃のペギー葉山の“南国土佐をあとにして”の
大ヒットによってもたらされた、高知の観光ブームとともに有名になっていった。

“五色石”と名付けられたアメ(菓子)まで売られるようになったほどである。

202.jpg


私が高知に来た頃(昭和40年)には、
桂浜とその西海岸に“石拾いのおばちゃん”がたくさん見られた。
結構なアルバイトになっていたらしい。

しかし昭和の終る頃にはほぼ姿を消した。
“砂の真砂子”は拾い尽されてしまったようで、
桂浜には赤や緑の小石はほとんど見られなくなってしまったのである。


桂浜水族館公式ホームページ 2011年04月16日(土) 掲載

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR