486 エコおやじ救急車④楽観

キハッソク
  「明日は日曜日だけど開いてる病院を探して行ってみる」と宣言してからそのまま少し眠ると、22時頃多量の発汗があり熱は37.5度まで下がっていた。鈍痛も消えていて、もしかしたら『石』は自然に流れ出たのかも、と期待して眠った。2日の朝、目覚めると熱も違和感もなく、これは病院ではなく出勤だろう。その日は特別な団体の予約が入っていて、私が切符売り場にいなかったら、手が足りなくて困るのは間違いないことがわかっていた。そして前日と違い“完治”を思わせるような体調で仕事を終えた。「やはり『石』は自然流出したとしか思えない」とニンマリしながら帰宅したのだが、夕食を前にまた違和感に続いて鈍痛が始まったのである。   つづく
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR