491 エコおやじ救急車⑨退屈な日々

ハマクマノミ
  それから3時間余り、何とも言えない不快な時間が続いたが、8時過ぎに大量の汗が出て体温は37.5度まで下がった。しかしそれ以後は痛みも発熱も全く現れず、退屈な日々がスタートした。治療は点滴による抗生剤の注入だけで、点滴バッグをぶらさげたポールを押してトイレへ行く以外は、ベットに転がっているだけの一日である。泌尿器科の濱田先生は「腎臓から尿管の辺りの炎症を抑え込むのに6日間の入院。その後、外来で『石』の衝撃波破壊をします。もし壊れなければ再入院で、全身麻酔による手術が必要になることもあります」と説明。かなり大変な病気のようである。しかし現在は退屈で時間が過ぎてくれない。そんな時に思いついたのが、今回の入院をブログのネタにすることだった。そこで暇にまかせて、違和感から始まってピーポーに乗せられた経緯をメモ書きし、さらに下々書きを作って退屈しのぎをしたのである。   つづく
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR