515 (続)桂浜百景⑮五色石拾い

石子
  桂浜の砂の大部分は、10Kmほど西側の仁淀川から排出された砂利で形成されたものと思われる。仁淀川の上流には、赤や緑の巨大な岩石が並ぶ渓谷があり、そのあたりの岩も砕けて砂利となって運ばれてきているようだ。桂浜水族館の初代館長は、その色石に目をつけて“五色石”と名づけておみやげ物にすることを思い付いた。昭和34年のペギー葉山の“南国土佐をあとにして”の大ヒットに便乗して、桂浜と五色石も大ブレイク。桂浜とその西海岸での“石拾い”は近隣のおばちゃん達の素晴らしいアルバイトとして定着していった。しかし仁淀川上流に出来た大渡ダム(昭和43年着工)に堰き止められて色石の流入がなくなり、昭和の終わる頃には拾いつくされたようで“石拾い”のおばちゃん達は姿を消してしまったのである。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR