534 漁港巡り⑭三津の青潮

チワラスボ
  プランクトンの大量発生による“赤潮”は有名だが、それに似た現象で、同様に魚介類が大量死する“青潮”というのがある。東京湾の青潮はよく知られているが、三津漁港でも毎年のように発生している。三津漁港は入り口が狭く奥が深いので、港奥の海水の入れ替わりにがあまり良くない。梅雨時の小潮回り時に長周期のうねりが重なると、港奥に溜まっているヘドロが巻きあがり、海水中の酸素不足が始まる。それをきっかけに底生生物や魚類がもがきはじめ、酸素不足が加速し水質が悪化。最後には港全体が“死の海”になる。その直前の魚がフラフラし始めた時が私の漁のタイミング。連絡を受けて急行。チヌやボラ・カサゴのほか、大量のハゼ類が獲り放題。珍しいチワラスボが獲れたこともあったのである。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR