FC2ブログ

577 土佐弁と私⑥土佐弁との別れ

リュウグウノツカイ2
  高知大学には五年間在籍(一年留年)したが、すべて寮生活だったせいもあり、一般的な土佐弁と触れ合える機会はあまり多くはなかった。二年生で出会った“ちゅう”の女の子以来、土佐弁への嫌悪感はなくなったが、私の周りには九州弁の“ごたる”や広島弁の“じゃろう”が飛び交い、私も阿波弁の“ほなけん”から抜け出してはいなかった。卒業と共に大阪に就職。大阪弁は敬語や丁寧語が“さかい”や“でんなあ”などとうまくごまかせる感じで、使い勝手が良くすぐに慣れていった。私の中で少しだけ住み着きかけていた土佐弁は、そのまま消えてゆく運命と思われていたのである。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
FC2ブログへようこそ!

かうんた
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR