fc2ブログ

54 地下室の亡霊

2008年03月08日(土) 桂浜水族館公式ホームページに記載 

潮番の時は、地下の配電室に自分で作った、仮設のベッドで泊っていた。
ある時、変電トランスのうなる音以外は、
全く何も聞こえないはずの空間から、不思議な音が聞こえてきた。

キリキリ・・・??、

カラカラ・・・?、

トロトロと眠りかかったころ、ごくたまにかすかに聞こえてくる。
この音に気付いたのは館長が亡くなった年(平成元年)の冬。

どんなに捜してみても音源がかわらず
“これは館長の霊が私に声をかけているにちがいない”
と本気で信じてしまった。

寒い冬の、北風の強い夜にだけ現れて
“フォッフォッフォッ・タ~カ~ヤ~”と云ってるようにも聞こえた。

私はその声を聞くと、3代目館長に対する不満をブツブツとぶちまけながら眠りにつくようになった。
この亡霊との対話は10年余り続いたが、ある日突然終わりを迎える。
地下室への給気用の大型シロッコファンを点検していて、この音に気付いてしまった。
風が強い時、ガラリからの風圧が地下まで届き、ファンがかすかに回っていたようだ。
その日を境に、この音は私にとって、ただの雑音になってしまった。
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR