fc2ブログ

31 注文 

  水族館で飼育するお魚達には当然のことだが飼育適温があり、上と下に限界水温がある。南方系の魚は、冬場の低水温。北方系や深海系は、夏場の高温に耐えられない。チョウチョウウオなどは、電気ヒーターで加温出来るが、大型のサメやエイ類を扱う場合は、それなりの温度コントロール設備が必要になる。開放式を主とする桂浜では、経費を考えると、大型濾過循環設備は望めない。新築計画が具体化する中、私の希望と予算に大きな開きがあることが分かってきた。そこで、これだけは絶対譲れない設備として“マンボウ用の冷房水槽”を注文しておくことにした。(昭和57年頃)

  私の注文は100トンの冷房水槽だったが、実現したのは50トン水槽だった。
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR