fc2ブログ

73 実習生①講義

20080802180843_202211231013363c9.jpg

  私が桂浜に来た頃(昭和46年)は、動物園や水族館への就職を考えるのは、私のような変り者しかいなかった。しかし近年は希望者が多く、専門学校もたくさん出来ている。多くの学生が、実習と称して就職のための顔つなぎにやって来る。私は彼(彼女)等のために、設備や電気についての講義を用意するようになった。レベルとしては中学卒ぐらいの一般教養のつもりだったが、わかる者がほとんどいない。簡単な電気配線や、発電の仕組さえ答えられない。はじめのころは信じられなかったが、彼等の大部分がペット類や動植物の好きな“生物系”であることがわかってきた。電気や機械のことがわかる(⑨館長の先見)私のほうが変り者なのだ!だから設備を担当する飼育員になったのだ、と自覚させられる講義になってしまったのである。
 追伸:似顔絵は、私のお気に入りの実習生です。新人スタッフのマッキーが描いてくれました。

  「電気の直流と交流を説明せよ」と聞くと、ほとんどの実習生は電池の「直列と並列」説明しかできなかった。

 
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR