fc2ブログ

126 (再)標本作り②ホウボウ

ホウボウ
  Mの作るクルマダイをまねて、私はセミホウボウで作ってみることにした。何しろ大きな胸鰭が素晴らしい。身をぬいて胸鰭を広げて乾燥させると、簡単に素晴らしい標本になった。味をしめてホウボウにも挑戦してみた。しかし皮膚が柔らかく、身ぬきは大変だった。やっとの思いで整型し、乾燥させ、チョウの羽根のように美しい胸鰭と、歩けるように進化した鰭を組み立てた。ここまではなかなかうまくいったと思っていたが、体表の色落ちがはげしい。絵の具で補修を試みたが、絵が苦手な私は色をうまく出せなかった。納得のいく色付けが出来ず、しばらく放置している間に湿度の高い日が続き、カビのお化けに変身し。セミホウボウと共に、崩れ落ちてしまったのである(昭和50年秋)。

  絵心のあるMに対抗して作ったものの、私の色付けは全くダメ。それにイラレ(せっかち)の私の作品は乾燥も不十分だった。

  
スポンサーサイト



非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール     ロリコンのおじん

もったいないおやじ

Author:もったいないおやじ
桂浜水族館を縁の下から支えて半世紀。

かうんた
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR